読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水について

H2O と表現できるものをすべて広義の「水」とすれば、固体は氷、液体は水、気体は水蒸気、ということになる。加熱してできた水蒸気を凝結した蒸留水など不純物をほとんど含まない水を、純水(及び超純水)と呼ぶ。

重水 編集
水の化学式 H2O の水素が二つとも同位体重水素である水を重水と呼び、化学式 D2O で表す。水素の一つが重水素であり、もう一つが軽水素である水は、半重水と呼び、DHO で表す。水素の一つが三重水素トリチウム)である水は、トリチウム水(または三重水素水)と呼び、HTO で表す。重水・半重水とトリチウム水を併せ、さらに酸素の同位体と水素の化合物である水も含めて、単に重水と呼ぶこともある。この広義の重水に対して、普通の水は、軽水と呼ばれる。

軽水と重水は電子状態が同じなので、化学的性質は等しい。しかし、質量が2倍、3倍となる水素の同位体の化合物である水では、結合や解離反応の速度などの物性に顕著な差が表れる(速度論的同位体効果参照)。

日本語での呼称 編集
日常的な日本語では、同じ液体の水でも温度によって名称を変えて呼び分ける。低温や常温では水と呼ぶが、温度が高くなると湯(ゆ)という[注 2]。しかし、英語 (water) やフランス語 (eau) などでは、液体であれば温度によらず名称は不変である[注 3]。

日本語では、低温の液体である水であっても、(湯などから立ち上った)水蒸気が凝結して空気中に細かな粒として存在する水は、湯気という。気象に関する用語では、粒の大きさによって、霧や靄(もや)と呼ぶ(これらを総称した一般用語として霞もある)。それらが上空にある状態では、雲と呼ぶ。雲から凝縮して大きめの水滴となって地上に落ちてくる水は雨と呼ぶ。見てみてください

イタリア


古典古代以来、現在のイタリアに相当する地域には、エトルリア人、マグナ・グラエキア人及びその他文化が栄え、何世紀にもわたって西洋文明の主要な政治及び宗教の中心地、すなわちローマ帝国及びキリスト教の首都であり続けた古代ローマにより最終的に併合された。暗黒時代、イタリア半島は未開民族による悲惨な侵略に直面したが、11世紀初頭頃、多数のイタリアの都市国家が、海運業、商業、銀行業で大いなる繁栄を得た。実際に、現代の資本主義は中世イタリアを起源とする[3]。特にルネサンス期、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ、ミケランジェロマキャヴェッリのような、学者、芸術家、博学者を生み出し、イタリアの文化は繁栄した。ポーロ、コロンブス、ヴェスプッチ、ヴェラッツァーノのような探検家は、極東及び新世界への新航路を発見し、ヨーロッパの大航海時代における先導に一役買った。それにもかかわらず、中世後半にイタリアは多くの戦争国家に分裂し、後にフランス、スペイン、オーストリアのようなヨーロッパ列強の犠牲になった。それ故、イタリアは19世紀中頃まで続く長い衰退期に突入した。

古典古代以来、現在のイタリアに相当する地域には、エトルリア人、マグナ・グラエキア人及びその他文化が栄え、何世紀にもわたって西洋文明の主要な政治及び宗教の中心地、すなわちローマ帝国及びキリスト教の首都であり続けた古代ローマにより最終的に併合された。暗黒時代、イタリア半島は未開民族による悲惨な侵略に直面したが、11世紀初頭頃、多数のイタリアの都市国家が、海運業、商業、銀行業で大いなる繁栄を得た。実際に、現代の資本主義は中世イタリアを起源とする[3]。特にルネサンス期、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ、ミケランジェロマキャヴェッリ
見てみてください



アメリカについて

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、英語: United States of America)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州及び連邦区から成る連邦共和国である[5][6]。アメリカ本土の48州及びワシントンD.C.は、カナダ及びメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部、ハワイ州は中部太平洋における多島海である。同国は、太平洋及びカリブに5つの有人の海外領土及び9つの無人の海外領土をも有する。985万km2の総面積は世界第3位又は第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多く国からの大規模な移住の産物である。[7]同国の地理及び気候も極めて多様であり、多種多様な野生生物が存在する。

約1万5千年前、パレオ・インディアンはユーラシア大陸から現在の米国本土に移住し、ヨーロッパ諸国による植民地化は16世紀に始まった。米国は、大西洋沿岸に沿って位置する13植民地が発祥である。英国及び同植民地間の紛争により、米国は独立した。1776年7月4日、アメリカ独立戦争における英国との交戦時、同植民地の代表はアメリカ独立宣言を全会一致で発布した。1783年、同戦争は英国からの米国独立の承認により終結し、ヨーロッパの植民地帝国を相手に成功した世界初の独立戦争となった。[8][9]1787年9月17日、現在のアメリカ合衆国憲法が起草された。集合的に権利章典と名付けられた最初の10の修正案は1791年に批准れ、多くの基本的な市民の権利及び自由を保証することを目的として策定された。
ぜひ見てみてください。

フランスについて

フランス共和国(フランスきょうわこく、仏: République française)、通称フランスは、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌは地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がり、総面積は640,679km2、人口は6,660万人である。首都および最大都市のパリは主要な文化および商業の中心地である。同国は半大統領制の共和制であり、フランスの憲法制定により、人民主権を基に政教分離および民主制の国として建国された。

鉄器時代、現在のフランスに相当するガリアにはガリア人およびケルト人が居住していた。紀元前51年、ガリア人はローマ帝国により西暦486年まで制圧された。ガリアを数百年間支配し、最終的には中世のフランス王国を建国したゲルマンのフランク人の襲撃および移住にガロ・ローマ人は直面した。1337年から1453年までの百年戦争での勝利はフランスの建国を強固にし、将来の中央集権型の絶対君主制への道を開き、中世後期以来、フランスはヨーロッパの大国であり続けた。ルネサンス期、フランスは膨大な文化的発達を経験し、世界的規模の植民地帝国の第1段階を確立した。16世紀は、主としてカトリック教会およびプロテスタントユグノー間の宗教上の内戦に特色付けられる
鉄器時代、現在のフランスに相当するガリアにはガリア人およびケルト人が居住していた。紀元前51年、ガリア人はローマ帝国により西暦486年まで制圧された。ガリアを数百年間支配し、最終的には中世のフランス王国を建国したゲルマンのフランク人の襲撃および移住にガロ・ローマ人は直面した。1337年から1453年までの百年戦争での勝利はフランスの建国を強固にし、将来の中央集権型の絶対君主制への道を開き、中世後期以来、フランスはヨーロッパの大国であり続けた。
見てみてください!

戦争とは

戦争とは軍事力を用いて様々な政治目的を達成しようとする行為(行為説)、または用いた結果生じる国家間の対立状態である(状態説)。一般に、国家もしくはそれに準ずる集団が、自衛や利益の確保を目的に武力を行使し、戦闘を起こす事。戦争は太古から続く人類の営みの側面であり、最も原始的かつ暴力的な紛争解決手段であると言える。

政治だけでなく、経済、地理、文化、技術など広範にわたる人間の活動が密接に関わっており、その歴史的な影響は非常に大きい。近代以降の戦争は陸海空軍等の軍隊のみの武力戦だけでなく、一般国民を広く巻き込む総力戦の様相を呈することもあり、外交戦、宣伝戦、謀略戦、経済戦、貿易戦、補給戦、技術戦、精神戦などの闘争を本質的に包括しており、相互に関係している[1]。そして結果的には、その規模にもよるが、国際関係や社会や経済など幅広い分野に破壊的な影響を与え、軍人や民間人の人的被害からインフラの破壊、経済活動の阻害など社会のあらゆる部分に物的被害を与えることとなる。一方で、科学、技術、外交、戦略論、組織論、戦術論、兵器・武器の発展をもたらしてきた側面もある。また、軍需景気により生産設備に被害を受けなかった戦勝国や第三国の経済が潤う場合もある(例:第一次世界大戦第二次世界大戦後の米国や第一次世界大戦後と朝鮮戦争後の日本)。また、戦争の敗北により近代オリンピックやFIFAワールドカップ等の国際大会への参加を禁じられるケースもある。

今では、大規模戦争の多くが総力戦や核戦争となり、勝敗に関わらず国家や国民をいたずらに消耗させる事から起こりにくくなっている。戦争による国家の成長は過去のものとなり、人道主義の観点からも忌避される傾向となっている。1928年締結のパリ不戦条約締結以降、国際法的に自衛戦争以外の侵略戦争は禁止されている。

その発展や勝敗には原則的、法則的な事象が関連していると考えられており、軍事学において戦理や戦略・戦術理論の研究、戦闘教義の開発、兵器開発、定量的な作戦研究、戦史研究などが行われている。
見てみてください

異文化理解

、「文化的背景を異にする存在同士のコミュニケーション」のことである[1]。訓練手段としては「異文化コミュニケーション・トレーニング(実践力養成、擬似体験学習)」がある
異文化コミュニケーションは、「コミュニケーション」や「文化」[2]あるいは「異文化」と同様に可視的なものではなく、あくまでも私たちの頭の中で描いている概念である[1]。異文化コミュニケーションは、自分探しの旅であるとよくいわれる。自分と異なる人や文化と交わることによって自分が何者なのかに気付かされ、アイデンティティ[3]、そして自己[4]が見えてくるのである[5]。文化の違いはあらゆるところで見られる。同じ日本人同士であっても、性別、年齢、職業、社会的立場、出身地の違い、など数多くの異文化が存在し、それぞれの違いを乗り越えてコミュニケーションすることすべてが異文化コミュニケーションである[6]。

自己と文化
人のおかれた環境やそこに伝わる文化が自己の形成に多分に関与している[5]。
コミュニケーション
さまざまなメッセージが交差する接点である自己、そこで生じる現象であるといえる[5]。
異文化を知る意義 編集

幾度となく訪れた南米や“グレートジャーニー”を通し、さまざまな視点から日本と世界を見続けてきた武蔵野美術大学の関野吉晴教授は、「日本で当たり前のことは、外国に行ったら当たり前ではない。それを改めて認識することが、異文化を知るということであり、異文化を知る意義もそこにあると思う」と述べている[7]。

外交交渉では、しばしば考え方や慣習の違いが対立と誤解の原因になる。そういう時はその更に奥にある歴史的、文化的背景を知っているか否かが重要になる。一見異なる習慣の裏に隠れている共通の考え方を見出して、理解を深め合い、交渉の妥結に貢献することが、現地に駐在する外交官の重要な責務のひとつなのである
参考にしてみてください

ネクタイの結び方



スーツの襟元は、自分の第一印象を左右する重要なポイント。ネクタイの基本となるプレーンノットから、応用となる結び方まで、正しい結び方をマスターしておきましょう

固く小さな結び目になり、一般的なレギュラーカラーのシャツと相性抜群。もっとも簡単な結び方なので、初めてネクタイをするならまずはここから。就活でも基本中の基本として使えます。

プレーンノットの結び方 



セミ・ウインザーノット

正三角形に近い結び目が特徴。ほとんどのシャツの襟に合わせられ、特にワイドカラーや厚手のネクタイに最適です。ネクタイに存在感がでるので、印象を強めたい場面で用いると◎。

セミ・ウインザーノットの結び方

ウインザーノット

正三角形に近く、結び目がかなり大きくなります。襟明き角度の広いワイドカラーや襟が大きいシャツに最適です。また、顔や体型が大きめの人は自然にバランスがとれるのでオススメ。

ウインザーノットの結び方

ダブルノット

縦に長い結び目が特徴。プレーンノットよりも一回り大きくなり、横から見たときに厚みが出ます。プレーンノットの次に簡単な結び方なので、慣れたらチャレンジしてみましょう。

ダブルノットの結び方

AOKI就活ネクタイラインナップ
AOKIスタイリストが伝授! スーツ選びの5Check Point[男性編]
AOKI & マイナビスチューデント 夏のLADIES’就活スタイル
これがわかれば就活マスター!身だしなみ◯×クイズ
2017就活“新スケジュール”先輩たちはどう乗り越えた!?
人事担当はココを見る!エントリーシートの書き方講座
AOKIメンズ&レディース就活特集ページAOKI店舗検索就活生限定クーポン
PC版を表示 PageTop
重要なお知らせ プライバシーポリシー お問い合わせ 特定商取引法に基づく通販の表記 
参考にしてみてください